東日京三電線株式会社

Materials Magic 日立金属株式会社

プレハブケーブル

プレハブケーブルとは

中高層共同住宅などの各戸への配線やビルの低圧幹線の各所への配線に必要なケーブルの分岐・接続加工を弊社内で行い、現場での分岐・接続作業を省略します。

特長

  • 現場での施工が簡単!
    あらかじめ指定の長さ・箇所で分岐・接続加工済みですので、現場の施工が簡単!
    現場では、吊り下げ、中間支持、各端末の機器への接続のみでOK!
    工期短縮、トータルコストの低減に貢献します。
  • 工場内で品質管理するので安心!
    工場内で分岐・接続作業を行いますので品質が安定。

仕様

1.ケーブル本体

  • 「幹線」ケーブルは、トリプレックスタイプ。
  • 「分岐線」ケーブルは、単芯またはトリプレックスタイプ。
「幹線」および「分岐線」の長さをご指定ください。

2.プレハブ分岐・接続部

  • 1箇所あたり4回線までの分岐・接続が可能。
  • 分岐部分は、樹脂モールド。
分岐・接続の箇所数・回線数をご指定ください。

3.ケーブル吊り止め

  • ケーブルグリップ方式の吊り止め装置を使用。
※1.
分岐線の長さは、電技の解釈149条「分岐回路の施設」で規定されています。
※2.
中間支持は、電技の解釈164条により、2mまたは6m以下の支持を行う必要があります。
(注)
本製品は、住電日立ケーブル株式会社より「HS&Tケーブルブランド」にてお求めいただけます。

お問い合わせはこちら

関連製品